karahuto2のホビーブログ

フィギュア・ガンプラの館

ガンプラや仮面ライダー系の様々なフィギュアをレビューしていきます。

MENU

【プレバン】MG クロスボーンガンダムX1パッチワーク 完成品レビュー

f:id:karahuto2:20220117122815j:image

今回は、クロスボーンガンダムX1パッチワークの塗装品を徹底レビューしていきます。

 

f:id:karahuto2:20220117122753j:imagef:id:karahuto2:20220117122757j:image

こちらがクロスボーンガンダムX1パッチワークの本体です。

見た目はX3にX1のパーツを合わせた感じです。

フックシールドが新規造形です。

塗装箇所は、コアファイターのスラスター部分のイエロー、ザンバスターのグレー、頭部のレッドとなっています。

 

f:id:karahuto2:20220118215423j:image

f:id:karahuto2:20220118215429j:image

可動範囲です。

膝立ちはきれいにできます。

腕部はロール軸になっています。

 

f:id:karahuto2:20220118215440j:image

横もしっかり可動します。

 

f:id:karahuto2:20220118215454j:image

武器は、ビーム・ザンバー、バスターガン、フックシールド、スクリューウェーブ、ヒートダガー、シザーアンカー用チェーンとなっています。

f:id:karahuto2:20220118215515j:imagef:id:karahuto2:20220118215532j:image

続いてコアファイターの紹介です。

コアファイターにしては大きめのサイズです。

スラスター部分のイエローが塗装されています。

 

f:id:karahuto2:20220118215525j:image

背部。

 

f:id:karahuto2:20220118215541j:image

コクピットが展開できます。

 

f:id:karahuto2:20220118200509j:image

フェイスオープンした姿です。

こちらはゴールドで塗装されています。

 

f:id:karahuto2:20220117122917j:image

フル装備させた姿です。

様々な武器があり、ボリューム感があります。

以下、色々ポージングさせてみました。

 

f:id:karahuto2:20220117122829j:image

 

f:id:karahuto2:20220117122839j:image

フリーダムガンダムみたいにフル射出。

 

f:id:karahuto2:20220118200524j:image

 

f:id:karahuto2:20220117122846j:image

 

f:id:karahuto2:20220118200500j:image

 

f:id:karahuto2:20220118215319j:image

 

f:id:karahuto2:20220118215325j:image

ヒートダガー刃は足裏に取り付けることができます。

 

f:id:karahuto2:20220118215333j:image

Iフィールドフィンガーで。

武器がとにかく多いです。

 

f:id:karahuto2:20220117122858j:image

最後にサザビーと大きさ比較させてみました。

どちらも同スケールのキットですが、かなりの身長差となっています。

 

以上、クロスボーンガンダムX1パッチワークのレビューでした。

10年以上前のキットをベースに作られているので、塗装が足りない部分が多めですが、塗装すると見違えるほどの変化します。

武器も多く色んなポージングを楽しめるキットでした。

MG ジンクス レビュー

f:id:karahuto2:20211224173444j:image

今回は、ガンダムダブルオーで登場した擬似GNドライヴを搭載した量産型MS、ジンクスのレビューです。

 

2010年01月28日発売 3,960円

 

f:id:karahuto2:20220110180438j:imagef:id:karahuto2:20220110180441j:image

f:id:karahuto2:20220110180447j:imagef:id:karahuto2:20220110180450j:image

完成したジンクス本体です。

シールはカメラアイのみですが、細かい色分けをしっかり再現できています。

バインダーが大きく、迫力があります。

 

 

f:id:karahuto2:20220113204606j:image

f:id:karahuto2:20220113204553j:image

可動範囲です。

少し厳しいですが、膝立ちはできます。

肩はほとんど上がりません。

バインダーが干渉し、動かしづらいです。

個体差かもしれませんが、脚部の関節がかなり硬かったです。

前方の脚部パーツが緩いので、自立がかなり難しいです。

 

f:id:karahuto2:20220113204615j:image

脚部の横可動です。

横はかなり可動しますが、バインダーが干渉しポロポロ取れるので動かしづらいです。

 

f:id:karahuto2:20220110180457j:image

コクピットは展開します。

 

f:id:karahuto2:20220113204755j:image

武器は、GNビームサーベルx2、GNビームライフル、GNシールド、ロングバレル用パーツとなっています。

 

f:id:karahuto2:20220113204637j:image

ロングバレルタイプのパーツを付けると、銃身もかなり長くなりますが、腕部がヘタれることはありません。

 

f:id:karahuto2:20220113205025j:image

ビームサーベルは脚部に収納されています。

 

f:id:karahuto2:20220113204642j:image

擬似GNドライヴはスタンドにセット可能です。

勿論LEDがあれば発光もできます。

以下、色々ポージングさせてみました。

 

f:id:karahuto2:20220113204717j:image

 

f:id:karahuto2:20220110205954j:image

 

f:id:karahuto2:20220113204704j:image

 

f:id:karahuto2:20220113204732j:image

 

f:id:karahuto2:20220113204629j:image

 

f:id:karahuto2:20220113205003j:image

 

f:id:karahuto2:20220113205052j:image

同時期に発売されたエクシアと比較してみました。

ジンクスはバインダーを含めかなりボリュームがあります。

karahuto2.hatenablog.jp

 

以上、MGジンクスのレビューでした。

ポージングしていると、脚部バインダーのパーツが頻繁に取れるのがストレスでした。

プロポーションや色分けは優秀でしたが、脚部の硬さなどから、ポージングに関しては少し厳しめなキットだと思いました。

MG ガンダムエクシア イグニッションモード レビュー

f:id:karahuto2:20220103164936j:image

今回はエクシアリペアを再現できる、イグニッションモードのレビューをしていきます。

前回、通常のエクシアをレビューしたので今回はエクシアリペアをメインにレビューしていきます。

エクシアのレビューはこちらから↓

karahuto2.hatenablog.jp

 

2010年07月01日発売 7,150円

 

f:id:karahuto2:20220103164947j:imagef:id:karahuto2:20220103164950j:image

f:id:karahuto2:20220103165001j:imagef:id:karahuto2:20220103165003j:image

完成したエクシアリペアです。

エクシアリペアの特徴的な頭部やマントの細かい皺などリアルに再現されています。

右肩のコードのパーツは取り外してあります。

可動域は通常エクシアと同じです。

 

f:id:karahuto2:20220103165010j:image

f:id:karahuto2:20220103180623j:image

左腕のマントのパーツは2つで構成されており、表情豊かに可動できます。

落ち着いた質感となっています。

 

f:id:karahuto2:20220103165951j:image

武器類は、GNソード、リペア用GNソード刃、GNシールド、GNロングブレイド、GNショートブレイド、GNビームサーベル、GNビームダガーとなっています。

通常GNソード、ロング、ショートブレイドはシルバーメッキ仕様となっています。

 

f:id:karahuto2:20220103180643j:image

GNドライブはスタンドにセットできます。

以下、色々ポージングしてみました。

 

f:id:karahuto2:20211230142326j:image

 

f:id:karahuto2:20220103112757j:image

 

f:id:karahuto2:20211230142333j:image

 

f:id:karahuto2:20220103112741j:image

 

f:id:karahuto2:20220103165050j:image

 

f:id:karahuto2:20220103112746j:image

 

f:id:karahuto2:20220116174605j:image

通常エクシアのポージングも色々と。

 

f:id:karahuto2:20220116174546j:image

 

f:id:karahuto2:20220116174534j:image

 

以上、ガンダムエクシアイグニッションモードのレビューでした。

10年以上前のキットですが、可動域も色分けもほぼ完璧と言えるキットでした。

武器のシルバーメッキ仕様で差別化もできていました。

問題点としては、パーツが1つしか付属していないので、リペアからエクシアに戻すにはシールを付け直したりパーツを分解しなければならないのでその点に関しては注意が必要です。

S.H.figuarts 仮面ライダーエデン レビュー

f:id:karahuto2:20211114152620j:image

今回は、仮面ライダーゼロワンREALxTIME」で登場した敵ライダー、仮面ライダーエデンのレビューです。

 

2021年10月25日発売 7,150円

 

f:id:karahuto2:20211114152630j:imagef:id:karahuto2:20211114152634j:image

f:id:karahuto2:20211114152641j:imagef:id:karahuto2:20211114152644j:image

エデン本体です。

アーマーの血管のような塗装が、とても細かく塗られています。

スーツ部分はゼロワンとほぼ共通ですが、アーマーが違うだけでまるで全く別物のような印象があります。

可動域に関してはゼロワンと共通です。

 

f:id:karahuto2:20211114152656j:image

付属品はハンドパーツ6つ、サウザンドジャッカー、レバーパーツ、ヘルライズプログライズキー、そして劇中の60分のタイマーエフェクトが付属しています。

 

f:id:karahuto2:20211114152707j:image

ベルト付近です。

クリアパーツに赤い塗装がされています。

こちらも細かく塗装されています。

 

f:id:karahuto2:20211114152720j:image

エデンのプログライズキーです。

こちらは造形がサウザーと共通です。

 

f:id:karahuto2:20211114152726j:image

脚部アーマーですが、ここのパーツは自在に可動するので、ポーズの干渉もしにくいです。

以下、色々ポージングさせてみました。

 

f:id:karahuto2:20211229155438j:image

 

f:id:karahuto2:20211229155445j:image

 

f:id:karahuto2:20211229155427j:image

 

f:id:karahuto2:20211113224752j:image

 

f:id:karahuto2:20211226223345j:image

「サウザンドライズ!」

 

f:id:karahuto2:20211229155406j:image

 

f:id:karahuto2:20211226223350j:image

「エデンインパクト!」

 

f:id:karahuto2:20211229155331j:image

 

f:id:karahuto2:20211229155654j:image

 

f:id:karahuto2:20211229155514j:image

f:id:karahuto2:20211229155522j:image

ゼロワンと背中合わせで並べてみました。

karahuto2.hatenablog.jp

 

f:id:karahuto2:20211229155704j:image

以上、仮面ライダーエデンのレビューでした。

今回のアーツは、ボーナスパーツが多く劇中のシーンを沢山再現できて楽しいフィギュアだと思いました。

ただ、頭部パーツの欠けには注意が必要です。

 

figure-rise-standard 仮面ライダーアギト 部分塗装編

f:id:karahuto2:20211224231940j:image

 

今回は、塗装の練習用としてフィギュアライズのアギトを購入したので、紹介していきます。

 

f:id:karahuto2:20211224180707j:image

f:id:karahuto2:20211224214030j:image

f:id:karahuto2:20211224180726j:imagef:id:karahuto2:20211224180731j:image

本キットですが、プロポーションに関してはほぼ完璧で、真骨頂製法にも引けをとりません。脚部の合わせ目は少し目立ちますが、しっかりと処理していけば、真骨頂より安くより完成度の高いものになると思います。

 

f:id:karahuto2:20211224215644j:image

使用したシールは、頭部の青い丸の部分のみです。

複眼は裏側にメッキシルバーを塗っています。

複眼側にも一応シールはありますが、メッキシルバーで塗った方がより立体感があります。

 

f:id:karahuto2:20211224180831j:image

f:id:karahuto2:20211224180841j:image

次にベルト部分です。正面の2つの丸い部分と横の部分をメカグレーで筆塗りしました。

ベルト中央の金色の部分は、流し込みタイプでスミ入れしましたが、金の部分の塗装が剥がれてしまったのでゴールドマーカーで塗り直しました。

以下、色々ポージングさせてみました。

 

f:id:karahuto2:20211224230132j:image

 

f:id:karahuto2:20211224230208j:image

 

f:id:karahuto2:20211224230140j:image

 

f:id:karahuto2:20211224230155j:image

 

f:id:karahuto2:20211224230147j:image

 

以上、ざっくりとしたアギトの紹介でした。

ファイズやカブトなどのキットほど細かい塗装箇所もなく、少々部分塗装するだけでリアルな仕上がりになるのでフィギュアライズ初心者でもおすすめだと思います。

 

MG ガンダムヴァーチェ ナドレ編 レビュー

f:id:karahuto2:20211222103611j:image

 

今回は、ガンダムナドレのレビューです。

ガンダムヴァーチェのレビューはこちらから↓

MG ガンダムヴァーチェ ヴァーチェ編 レビュー - フィギュア・ガンプラの館

 

まずはガンダムナドレへの換装方法からの紹介です。

 

f:id:karahuto2:20211222183230j:image

f:id:karahuto2:20211222183327j:image

f:id:karahuto2:20211222183315j:image

f:id:karahuto2:20211222183355j:image

写真のように脚部、腰部、胴体、腕部、頭部と装甲を外していきます。

 

f:id:karahuto2:20211222183401j:image

全てのパーツを外して並べてみました。

装甲のパーツは多めですが、簡単に外す事ができます。

 

f:id:karahuto2:20211221194925j:imagef:id:karahuto2:20211221194929j:image

f:id:karahuto2:20211221194936j:imagef:id:karahuto2:20211221194940j:image

完成したガンダムナドレです。

パーツの一つ一つが大きめなので、意外とナドレへの換装は簡単でした。

全体的にかなり細身になりました。

過去のナドレのキットよりもケーブルが多くなっています。

 

f:id:karahuto2:20211221194951j:image

f:id:karahuto2:20211221194958j:image

可動範囲です。

しっかりと膝立ちができ、腕部もよく可動します。

ただ、頭部はケーブルが干渉して少し動かしづらいです。

 

f:id:karahuto2:20211221195004j:image

脚部の可動範囲はかなり広くなっており、ほぼ一直線にできるほどよく可動します。

 

f:id:karahuto2:20211221195013j:image

後ろのケーブルですが、3つのパーツで構成されているので、ボリュームがあります。

以下、色々ポージングさせてみました。

 

f:id:karahuto2:20211221195018j:image

 

f:id:karahuto2:20211221214618j:image

 

f:id:karahuto2:20211222103420j:image

 

f:id:karahuto2:20211221214630j:image

 

f:id:karahuto2:20211221214640j:image

 

f:id:karahuto2:20211221214650j:image

 

f:id:karahuto2:20211221214700j:image

 

f:id:karahuto2:20211222120457j:image

 

以上、ガンダムヴァーチェ/ガンダムナドレのレビューでした。

過去のキットと比べてもかなりディティールが増えており、とてもリアルな仕上がりになっていました。

ヴァーチェの状態もパーツが大きくなり、より重厚感のある仕上がりになっていました。

どちらの形態も完成度が高く、とても満足のいくキットでした。

 

MG ガンダムヴァーチェ ヴァーチェ編 レビュー

f:id:karahuto2:20211221103836j:image

今回は、ダブルオー1期のソレスタルビーイングの最後の1機、ガンダムヴァーチェのレビューです。

 

2021年11月発売 8,800円

 

f:id:karahuto2:20211220193909j:imagef:id:karahuto2:20211220193913j:image

f:id:karahuto2:20211220194432j:imagef:id:karahuto2:20211220194436j:image

まずはガンダムヴァーチェからの紹介です。

過去のキットよりもディティールや色分けも大きく向上しています。

GNフィールド発生装置やGNキャノンも過去のキットより大きくなっています。

自立は少ししづらいです。

 

f:id:karahuto2:20211220194448j:image

f:id:karahuto2:20211220194454j:image

可動範囲です。

脚部は90°可動します。

膝立ち状態はきれいにできますが、その状態で自立させるのは厳しいです。

 

f:id:karahuto2:20211221103853j:image

脚部は横にある程度可動しますが、腰のパーツと干渉してしまいます。

 

f:id:karahuto2:20211221104341j:image

GNフィールドの展開も差し替え無しで再現できます。

 

f:id:karahuto2:20211221103920j:image

武器類は、GNバズーカ、GNバズーカ用グリップ2個、ナドレ用のGNシールド、GNビームライフル、GNビームサーベル2個となっています。

 

f:id:karahuto2:20211221104449j:image

ビームサーベルは、脚部の膝裏に内蔵されています。

 

f:id:karahuto2:20211221104055j:image

GNキャノンは、ピンを矢印の方向に動かすとキャノンが展開します。

 

f:id:karahuto2:20211221175649j:image

また、グレーのピンを上げる事でナドレ用の持ち手を出す事ができます。

 

f:id:karahuto2:20211221173452j:image

GNバズーカは下の部分を下へスライドし、黄色の砲身をスライドする事でバーストモードに変更できます。

 

f:id:karahuto2:20211221104008j:image

GNドライブの他にも太陽炉が付属しています。

 

f:id:karahuto2:20211221104030j:image

f:id:karahuto2:20211221104040j:image

写真のように太陽炉を収納できます。

 

f:id:karahuto2:20211221104115j:image

胸部はLEDユニットにより点灯します。

コクピットは展開可能です。

 

以下、色々ポージングさせてみました。

 

f:id:karahuto2:20211221104124j:image

 

f:id:karahuto2:20211221104141j:image

 

f:id:karahuto2:20211223070417j:image

 

f:id:karahuto2:20211221173511j:image

 

f:id:karahuto2:20211221104203j:image

 

f:id:karahuto2:20211221173625j:image

 

f:id:karahuto2:20211221140314j:image

MGのエクシア、デュナメス、ヴァーチェ、キュリオスとも並べてみました。

12年の時を経てようやくMGとして4体が揃いました。

エクシアのリメイクにも期待したいですね。

karahuto2.hatenablog.jp

 

以上ガンダムヴァーチェのレビューでした。

ガンダムナドレのレビューはこちらから