karahuto2のホビーブログ

MENU

大型フィギュアでもキレイに撮れる撮影方法

f:id:karahuto2:20240604222433j:image

今回は、自分がガンプラを撮影する際に使用している撮影ベースの作り方や照明、使用しているカメラアプリを紹介していきます。

費用も極力抑えているので、多くの方の参考になると幸いです。

 

 

目次

・撮影ブース

・照明器具

・カメラアプリ

・まとめ

 

 

 

撮影ブース

 

f:id:karahuto2:20240605232350j:image

こちらが、自分の使用している撮影ブースです。

一部自作で、ニトリなどで販売している折りたたみ式の机を壁側に合わせ、そこに模造紙を敷き、壁側の模造紙を画鋲で留めるというものになっています。

組み立てラックで作成した撮影ブースよりもシンプルで台座も安定しています。

過去に組み立てラックで作った撮影ブースの詳細はこちらです↓

 

f:id:karahuto2:20240605192906j:image
f:id:karahuto2:20240605192909j:image

サイズは横65cm、幅45cm、高さが65cmで、様々なサイズのフィギュアに対応できるよう大きめに作成しています。

 

f:id:karahuto2:20240605072752j:image
f:id:karahuto2:20240605072749j:image

作成した撮影ブースでポージングさせてみました。

パーフェクトグレードサイズのキットで大胆なポージングをさせても枠からはみ出るといったこともありません。

 

照明器具

 

照明器具はパナソニックのシーリングライトをメインに、手元には童友社のリングライトを使用しています。

 

f:id:karahuto2:20240605193051j:image

こちらのリングライトは、頭部に影ができてしまった時に使います。


f:id:karahuto2:20240605193054j:image
f:id:karahuto2:20240605193049j:image

リングライトを使用した時のバストアップの比較です。

カメラアイ部分が明るく映るようになりました。

 

 

カメラアプリ

 

カメラアプリは、iphoneなどに標準で付いているカメラではなく@picn2k cameraというアプリの2108cというフィルムを使用しています。

ここで、2108cのフィルムへの変更方法を説明します。

 

①水色のカメラボタンを押す

f:id:karahuto2:20240605193006j:image

 

②右下のフィルムボタンを押す
f:id:karahuto2:20240605193011j:image

 

③2108Cのフィルムまでスライドし、アイコンを押す
f:id:karahuto2:20240605193009j:image

矢印の順番で進んでいく事で2108cのフィルムで撮影ができます。

 

f:id:karahuto2:20240605193034j:image
f:id:karahuto2:20240605193032j:image

実際にiPhone内のカメラと比較してみました。

iPhone内のカメラだと黄ばんでいるような見た目でしたが、@picn2kだとより明るく写り、輪郭が分かりやすくなりました。

無料でインストール可能で、その他にも様々なフィルムがあるので色々と試してみると良いと思います。

 

@picn2k camera

@picn2k camera

  • JIN WOOK KOO
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

まとめ

 

以上、大型フィギュアでもキレイに撮れる撮影方法の紹介でした。

今まで色々な撮影ブースを使ってきましたが、今回作成したものが一番使いやすかったです。

値段も4000円程度で、比較的安価で作ることができます。

撮影ブースを作成する際の注意点として、撮影したい物のサイズをしっかり確かめておくことで確かな物が作れると思います。

MG ジェスタ・キャノン レビュー

f:id:karahuto2:20240602005215j:image

今回は、ガンダムユニコーンのep6で登場したジェスタが増加装甲を装備した機体、ジェスタ・キャノンのレビューをしていきます。

 

2015年発売 5,500円

 

f:id:karahuto2:20240601200447j:image
f:id:karahuto2:20240601200515j:image
f:id:karahuto2:20240601200450j:image
f:id:karahuto2:20240601200520j:image

ジェスタ・キャノン本体です。

肩や脚部にホワイトグレーの増加装甲が装備され、よりマッシブなプロポーションとなっています。

色分けも優秀で、シールもセンサー部分とバックパックのマルチランチャー4門のホワイトグレー部分のみでした。

同形状別カラーのパーツが多いので、説明書で使用するカラーのパーツをしっかり確認しておくといいと思います。

 

f:id:karahuto2:20240602014551j:image

付属品は、

・ビームライフル

・ビームサーベル

・シールド

・ジェスタ用ビームライフルマガジンx4

・ジェスタ用ビームライフル換装パーツ

となっています。

 

f:id:karahuto2:20240602014600j:image

ビームライフルは、ジェスタ用ビームライフルに追加武装を装備した形となっており、一部カバーが展開します。


f:id:karahuto2:20240601200455j:image
f:id:karahuto2:20240601200508j:image
f:id:karahuto2:20240601200505j:image
f:id:karahuto2:20240601200512j:image

武器を装備した状態です。

 

f:id:karahuto2:20240602021315j:image

ハンドパーツは、ニューガンダムVer.Kaなどにも採用されているエモーションマニピュレーターとなっています。

指が全て独立可動できるのが特徴です。


f:id:karahuto2:20240602021313j:image

武器とハンドパーツそれぞれにピンがあり、組み合わせることで保持できます。


f:id:karahuto2:20240601200522j:image

バストアップです。

マスクがジムカスタムやジムクゥエルにも似ています。

ヘッドギアのモールドは塗り分ける必要があります。


f:id:karahuto2:20240601200453j:image

コクピットは展開します。


f:id:karahuto2:20240601200500j:image

頭部パーツはバックパックから取り外し可能で、頭部の下部分にはLEDユニットを取り付けることができます。


f:id:karahuto2:20240601200442j:image

バックパックのビーム・キャノンとマルチランチャーはそれぞれ90°程可動します。


f:id:karahuto2:20240601200517j:image

バックパックの追加武装は、取り外し可能でパーツを換装することで、ジェスタ用のバックパックにすることもできます。

シールドを取り付ける際も、ジェスタ用のバックパックにする必要があります。


f:id:karahuto2:20240601200525j:image
f:id:karahuto2:20240601200510j:image

脚部関節は引き出し式になっており、引き出すことで可動範囲を広げることができます。


f:id:karahuto2:20240601200503j:image
f:id:karahuto2:20240601200445j:image

可動範囲です。

膝立ちが可能で、腕部も胴体と直線までなら可動します。

関節の殆どがポリキャップでの接続なので、若干緩く感じました。

 

f:id:karahuto2:20240602021246j:image

脚部の横可動です。

胴体に対しほぼ直線まで可動します。


f:id:karahuto2:20240601200458j:image

脚部やサイドアーマーのグレネードラックは開閉可能です。

グレネードのパーツは全て一体型となっています。

以下、色々ポージングさせてみました。

 

f:id:karahuto2:20240602014508j:image

f:id:karahuto2:20240602021125j:image
f:id:karahuto2:20240602014506j:image
f:id:karahuto2:20240602014500j:image
f:id:karahuto2:20240602014503j:image

 

f:id:karahuto2:20240602091811j:image

最後にスタークジェガンと比較してみました。

どちらもかなりのボリュームがあります。

 

karahuto2.hatenablog.jp

 

以上、ジェスタ・キャノンのレビューでした。

劇中同様のマッシブな見た目をしっかり再現しており、非常に完成度の高いキットでした。

増加装甲のパーツもそこまで多くはなく、共通パーツは多いので組み立て時間はジェスタと大差なかったです。

内部フレームの細かい造形や、換装ギミックなど、組んでいて楽しいキットでした。

 

 

HGCE マイティーストライクフリーダムガンダム レビュー

f:id:karahuto2:20240526172313j:image

今回は、映画 『ガンダムSEED FREEDOM』よりキラとラクスが終盤に搭乗した機体 マイティーストライクガンダムのレビューをしていきます。

 

2024年発売 2,970円

 

f:id:karahuto2:20240526125235j:image
f:id:karahuto2:20240526125300j:image
f:id:karahuto2:20240526125244j:image
f:id:karahuto2:20240526125253j:image

まずは本体。

ストライクフリーダムガンダム二式とプラウドディフェンダーが合体した姿で、全パーツが完全新規造形となっています。

頭部のセンサーとプラウドディフェンダーのピンクのフレームのみシールで、全体的に色分けは非常に優秀です。

各関節のゴールド部分はグロスコーティングが施されており、無塗装でも美しい仕上がりとなっています。


f:id:karahuto2:20240526125229j:image
f:id:karahuto2:20240526125303j:image

プラウドディフェンダーを外した状態です。

ストライクフリーダム二式という事で、肩アーマーやサイドアーマーの形も違っています。


f:id:karahuto2:20240526125250j:image

バストアップです。

額にはディスラプターの分割線があります。

 

f:id:karahuto2:20240526125221j:image
f:id:karahuto2:20240526125227j:image

可動範囲です。

膝立ちも可能で、腕部もしっかり上に上がります。

 

f:id:karahuto2:20240526180631j:image

脚部の横可動です。

腰部のレールガンが干渉するので、斜めには可動しますが、一直線までは可動できませんでした。


f:id:karahuto2:20240526125218j:image
f:id:karahuto2:20240526125257j:image

股関節には可動軸があり、斜め下に可動させることで脚部の可動範囲を広げることができます。

ライジングフリーダムガンダムの股関節の可動軸とはまた違った仕組みになっていました。

詳細は下記記事をご覧下さい↓

karahuto2.hatenablog.jp

 


f:id:karahuto2:20240526125307j:image
f:id:karahuto2:20240526125224j:image

脚部スラスターは少し上に可動します。


f:id:karahuto2:20240526125309j:image
f:id:karahuto2:20240526125241j:image
f:id:karahuto2:20240526125233j:image
f:id:karahuto2:20240526125246j:image
f:id:karahuto2:20240526125238j:image

続いてプラウドディフェンダーの紹介です。

大部分がホワイトとゴールドのカラーリングで構成されています。

形状は薄く、デザイン的にはフリーダムガンダムの翼に近いです。

 

f:id:karahuto2:20240526192855j:image

ピンクの内部フレームの展開方法です。

外側の翼は上部分を外側にスライドし、内側の翼は全体を矢印のように斜め下にスライドするように展開します。

 

f:id:karahuto2:20240526174930j:image

武器は

・対艦刀フツノミタマ

・高エネルギービームライフルx2

・ビームサーベルx2

・エグレージェビームシールドエフェクト

となっています。

 

f:id:karahuto2:20240526175914j:image

その他付属品として、連結状態のビームサーベルグリップが付属しています。

 

f:id:karahuto2:20240526175944j:image

フツノミタマは前方がグロスコーティング、後方がザラザラとした表面仕上げとなっていました。

 

f:id:karahuto2:20240526175231j:image

開き手は今回両手分付属しています。

 

f:id:karahuto2:20240526180002j:image

ビームライフルは連結可能で、片腕だけで持たせても下がってくるといったことはありませんでした。


f:id:karahuto2:20240526174939j:image
f:id:karahuto2:20240526174927j:image
f:id:karahuto2:20240526174936j:image

フル装備状態です。


f:id:karahuto2:20240526174933j:image

頭部のディスラプターは、差し替えで射出状態を再現可能です。

色分けはシールでの再現なので、今回は塗装してみました。


f:id:karahuto2:20240526174925j:image

ビームシールドエフェクトは、赤パーツの下に挟み込むようにして取り付けます。

 

f:id:karahuto2:20240526175000j:image

ビームライフルはサイドアーマーに装備可能です。

以下、色々ポージングさせてみました。

f:id:karahuto2:20240527072648j:image

f:id:karahuto2:20240526125559j:image

f:id:karahuto2:20240526125604j:image
f:id:karahuto2:20240526125606j:image
f:id:karahuto2:20240526125615j:image
f:id:karahuto2:20240526125612j:image
f:id:karahuto2:20240526125609j:image
f:id:karahuto2:20240526125601j:image

f:id:karahuto2:20240526175336j:image

f:id:karahuto2:20240526142855j:image

f:id:karahuto2:20240529183739j:image

最後はディスラプターのネガポジ表現を再現してみました。

 

以上、HGCE マイティーストライクフリーダムガンダムのレビューでした。

全パーツ新規造形や各部分のグロスコーティングなど、主人公機らしく圧倒的な力の入れようを実感しました。

武装も豊富で可動範囲も広いので多彩なポージングを楽しめました。

MG ナラティブガンダムC装備 Ver.Ka レビュー

f:id:karahuto2:20240519153644j:image

今回は、『ガンダムユニコーン』の続編である『ガンダムナラティブ』より、ナラティブガンダムC装備のレビューをしていきます。

敵機であるシナンジュスタイン(ナラティブVer)は過去に発売されていますが、ナラティブガンダムのMGキット化は初です。

 

2024年発売 7,700円

 

f:id:karahuto2:20240522054712j:image
f:id:karahuto2:20240522054707j:image
f:id:karahuto2:20240522054710j:image
f:id:karahuto2:20240522054715j:image

まずは本体。

劇中通りのやや細身の体型が見事に再現されています。

見た目はユニコーンガンダムやニューガンダムに似通った箇所があり、剥き出しの内部フレームやコアファイターが如何にも試作機らしいです。


f:id:karahuto2:20240522223629j:image

バストアップです。

カメラアイやセンサー類には、プラスチックシールに模様が描かれた 3Dメタリックシールが採用されています。

 

f:id:karahuto2:20240522055744j:image

コクピットはパーツを上へずらして開閉できます。

 

f:id:karahuto2:20240522055738j:image

腕部は関節部分がロール軸になっており、360°可動します。


f:id:karahuto2:20240522055743j:imagef:id:karahuto2:20240522055740j:image

また、関節部分で僅かに左右に可動します。

 

f:id:karahuto2:20240522054913j:image
f:id:karahuto2:20240522054908j:image

可動範囲です。

膝立ちが可能で、腕部もしっかり上に上がります。

 

f:id:karahuto2:20240522223856j:image

脚部の横可動です。ほぼ一直線に可動します。


f:id:karahuto2:20240522054911j:image
f:id:karahuto2:20240522054906j:image

脚部を曲げることで脹脛と膝関節の外装パーツが連動して可動します。

 

f:id:karahuto2:20240523181151j:image

脚裏部分にはツメがあり、展開できます。

 

f:id:karahuto2:20240522055606j:image
f:id:karahuto2:20240522055604j:image

股関節には可動軸があり、下へ下げることで可動域を広げることができます。

 

f:id:karahuto2:20240522060742j:image

リアアーマーにビームサーベルを装備するためのボーナスパーツが付属しています。


f:id:karahuto2:20240522060740j:image

アクションベースを付けるためのジョイント穴はリアアーマーの下部分のパーツを開くことで出てきます。

こちらはアクションベース8などに付属する接続パーツに対応しています。

 

f:id:karahuto2:20240522060458j:image
f:id:karahuto2:20240522060500j:image

ハンドパーツは握り手と可動指タイプの2種類が両手用付属しています。

 

f:id:karahuto2:20240522060923j:image

武器を手に持たせる時は手の甲にあるピンを引き出します。

構造的には百式Ver.2.0に似ています。

 

f:id:karahuto2:20240522222523j:image

武器は、

・ビームライフル、

・ビームサーベルx2

・ライフル用マガジンx2

・シールド となっています。


f:id:karahuto2:20240522222526j:image

付属品として、

・コアファイター用ランディングギア

・シールド装備パーツx2

・ジェガン用ビームライフル換装パーツ

となっています。

 

f:id:karahuto2:20240523120419j:image

シールドを装備させる際は、手首パーツを取り外してからシールド装備パーツを取り付けます。


f:id:karahuto2:20240522223843j:image

シールドはバックパックに装備可能です。

 

f:id:karahuto2:20240522222741j:image
f:id:karahuto2:20240522222744j:image

ジェガン用ビームライフルに換装する際は、スコープ部分と銃口のパーツを取り替えます。


f:id:karahuto2:20240522222857j:image
f:id:karahuto2:20240522222854j:image

ビームライフルのグリップパーツは取り外しが可能です。

片面にはジョイント穴が空いており、どちらの向きでもグリップパーツを取り付けできます。

 

f:id:karahuto2:20240522222852j:image
f:id:karahuto2:20240522222849j:image

このグリップパーツを使うことで左右の手首にビームライフルをしっかり保持出来ます。

 

f:id:karahuto2:20240523121628j:image

マガジンはリアアーマーに装備可能です。

 

f:id:karahuto2:20240520220947j:image
f:id:karahuto2:20240520220952j:image
f:id:karahuto2:20240520221004j:image
f:id:karahuto2:20240520220945j:image

コアファイターです。

翼部が鳥のような独特なデザインをしています。

カラーリングはガンダムのコアファイターに似ています。

キャノピーの窓枠はパーツ分割で色分けされています。


f:id:karahuto2:20240520220957j:image

キャノピーは開閉可能です。

 

f:id:karahuto2:20240520220950j:image

裏側にはジョイント穴があり、アクションベース7にも対応していました。


f:id:karahuto2:20240520220954j:image
f:id:karahuto2:20240520220959j:image

コアドッキング状態です。

差し替えなしで変形できます。

翼部を細かく変形させる必要があるので破損させないように気をつけましょう。


f:id:karahuto2:20240520220942j:image
操縦席部分も位置を変えることができます。

 

f:id:karahuto2:20240522224232j:image

NT-D発動状態のサイコフレームは全てのパーツが新規造形です。

形状は同じですが、ディティールが細かくなっていました。

MGユニコーンガンダムにも換装可能です。


f:id:karahuto2:20240522224229j:image

また、 NT-D未発動状態のグレーのサイコフレームも付属しています。

こちらは内部フレームのサイコフレームパーツも付属しています。

換装可能なユニコーンガンダムの詳細は下記記事をご覧ください↓

 

 

f:id:karahuto2:20240520220920j:image
f:id:karahuto2:20240520220923j:image
f:id:karahuto2:20240520220927j:image
f:id:karahuto2:20240520220925j:image

 NT-D発動状態のサイコフレームを装備させたナラティブガンダムです。

クリアーピンクの外装が追加され一気に派手なデザインになりました。

全長は特に変化はありませんでした。

バックパックの上部分にあるラックパーツには、νガンダム Ver.Kaのフィン・ファンネルを装備させることができます。


f:id:karahuto2:20240520220930j:image

バストアップアップです。

サイコフレームのカラーが少し濃くなっています。


f:id:karahuto2:20240520220932j:image
f:id:karahuto2:20240520220915j:image
f:id:karahuto2:20240520220935j:image
f:id:karahuto2:20240520220918j:image

武器を装備させた状態です。

保持力が高く、簡単に武器が外れるといったことはありませんでした。

 

f:id:karahuto2:20240522224313j:image
f:id:karahuto2:20240522224258j:image
f:id:karahuto2:20240522224311j:image
f:id:karahuto2:20240522224308j:image

続いてNT-D未発動のサイコフレームを装備させたナラティブガンダムです。

落ち着いた見た目になりました。


f:id:karahuto2:20240522224301j:image
f:id:karahuto2:20240522224306j:image
f:id:karahuto2:20240522224316j:image
f:id:karahuto2:20240522224303j:image

こちらも武器装備状態です。

シールドのサイコフレーム部分のパーツの接続が硬めだったので先にシリコンスプレーを塗っておくと良いと思います。

以下、色々ポージングさせてみました。

 

f:id:karahuto2:20240522221925j:image
f:id:karahuto2:20240522221922j:image
f:id:karahuto2:20240522221927j:image

f:id:karahuto2:20240522060616j:image

f:id:karahuto2:20240522054743j:image
f:id:karahuto2:20240522054748j:image
f:id:karahuto2:20240522054740j:image
f:id:karahuto2:20240522054745j:image
f:id:karahuto2:20240522054738j:image

f:id:karahuto2:20240521001450j:image

 

以上、ナラティブガンダムC装備 Ver.Kaのレビューでした。

3Dプラスチックシールや差し替え型のグリップなど、新しい要素が盛り込まれており、組み立てが楽しいキットでした。

パーツがリアルグレード並みに細かく、組み立てにかなり時間がかかりましたが、その分色分けも完璧で造形も洗練されていてとてもかっこ良かったです。

また、サイコフレームも本キットだけでなく、MGユニコーンガンダム関連キットにも使えるのが驚きでした。

形状が同じなので、ペルフェクティビリティのサイコフレームを使えば青いナラティブガンダムを作ることもできるのでバリエーションも豊かです。

このキット1つでユニコーンガンダム関連のプレイバリューの幅も大きく広げてくれるので、幅広い方におすすめできるキットです。

 

ガンダム系キットのカメラアイ塗装方法

f:id:karahuto2:20240517221248j:image

 

ガンダムのカメラアイの色分けは、大体の場合シールを使用して再現しますが、シールが浮いて見栄えが悪くなってしまう事があります。

そこで今回は、MG Zガンダムを使ってガンダムマーカーでのカメラアイの塗装方法について解説していきます。

 

 

 

目次

・カメラアイを塗装するメリット

・用意するもの

・塗装の手順

・塗装前との比較

・まとめ

 

 

 

 

カメラアイを塗装するメリット

 

まず、カメラアイを塗装するメリットとして、立体感が増す点です。

 

f:id:karahuto2:20240518204446j:image
f:id:karahuto2:20240518204449j:image
こちらがクリアパーツの状態のカメラアイです。目の部分のディティールがしっかり造形されています。

ここを塗装することでディティールが活き、よりリアルな仕上がりにすることができます。

 

f:id:karahuto2:20240518063636j:image

そしてこちらがシールを貼った状態です。

シールの場合、少しでもズレると目の位置に違和感が出てきてしまったり、どうしてもシールとマスク部分に隙間が出てしまいます。

シールでも違和感無く貼るのはかなり難しいです。

 

 

用意するもの

 

次は、用意する物の説明です。


f:id:karahuto2:20240517221407j:image

今回用意するものは、

・Mr.猫の手ステーション

・ワニ口クリップ

・ガンダムマーカールミナスメタグリーン

・ガンダムブラック

です。

カメラアイのカラーによってはメタレッドやメタブルーなどに変更します。

 

 

 

塗装の手順

 

続いて塗装の手順を説明していきます。


f:id:karahuto2:20240518070330j:image

まずは、ルミナスメタグリーンで目の部分を大まかに塗装します。

その後、乾くまで放置します。


f:id:karahuto2:20240517221416j:image

乾いてきたら、ガンダムブラックで目の縁部分の塗り分けです。

目の部分を塗らないようにペンの先端を使って慎重に縁部分を塗っていきます。


f:id:karahuto2:20240518204318j:image
f:id:karahuto2:20240518204307j:image
f:id:karahuto2:20240518204311j:image

塗り分けが完了し、ある程度乾燥したら組み立てます。

目の上部分は外装パーツで隠れるので多少はみ出しても大丈夫です。

 

 

塗装前との比較

 

最後に塗装前と後の比較です。


f:id:karahuto2:20240517221410j:image
f:id:karahuto2:20240517221358j:image

カメラアイとマスク部分との段差が無くなり、より自然な感じになりました。

目の部分のディティールが活き、立体的になりました。

 

まとめ

 

以上、ガンダム系キットのカメラアイ塗装方法の解説でした。

細かい作業にはなりますが、十分する価値があると思います。

シールが破れてしまった時も、是非この方法を試してみてください。

 

ガンプラ初心者でも簡単にクオリティを上げる方法

f:id:karahuto2:20240516195111j:image

近年のガンダムシリーズは、水星の魔女や映画ガンダムSEED FREEDOMの公開により、大きな盛り上がりを見せています。その影響もあり、ガンプラを始めてみた方も多いのではないかと思います。

今回は、そんな初心者の方でも簡単にガンプラのクオリティを上げる方法を3つ紹介していきます。

過去に、おすすめのニッパーについての紹介も行っていますのでよければそちらもご覧下さい↓


 

目次

・アンテナの安全フラッグのシャープ化

・メラミンスポンジでのつや消し

・極細ペンでのスミ入れ

・まとめ

 

 

 

アンテナの安全フラッグのシャープ化

 

f:id:karahuto2:20240516065625j:imagef:id:karahuto2:20240516193926j:image

まずはアンテナの安全フラッグのシャープ化についての説明です。

対象年齢8才以上と表示されているキットには安全対策として、頭部アンテナの先端が太くなっています。

これを安全フラッグと言います。 

この部分をシャープにするだけで見栄えが大きく変わります。


f:id:karahuto2:20240516065623j:image

まずは、ニッパーで少し突起が残るように切り取ります。


f:id:karahuto2:20240516065628j:image

続いて240番や400番のヤスリなどで、突起の部分がなくなるまでやすります。

スポンジタイプのヤスリがおすすめです。

 

f:id:karahuto2:20240516065651j:imagef:id:karahuto2:20240516065648j:image
f:id:karahuto2:20240516065654j:imagef:id:karahuto2:20240516065646j:image

正面と真横から見た切り取り前と後の比較です。

一気にシャープになり、印象も大きく変わりました。

 

 

 

 

メラミンスポンジでのつや消し

 

f:id:karahuto2:20240516071538j:image

続いてメラミンスポンジでのつや消しについての説明です。

プラモデルは素組みの状態だと特有のつやがありますが、この表面のつやを消すことで一気に見栄えが良くなります。

つや消しにはトップコートという方法もあるのですが、メラミンスポンジの方が手早く簡単にできるので今回はメラミンスポンジでの説明をしていきます。

 

f:id:karahuto2:20240516071540j:image

手順はとても簡単で、つや消しをしたいパーツをメラミンスポンジで磨くだけです。

この時、メラミンスポンジに水を染み込ませておくと粉が付かなくなるのでおすすめです。その場合はシールを貼る前に行ってください。

 

f:id:karahuto2:20240516072319j:imagef:id:karahuto2:20240516173746j:image

つや消し前と後の比較です。

光の反射が大分抑えられています。

トップコートと違って失敗の恐れがないので初心者の方はメラミンスポンジでのつや消しがおすすめです。

 

 

 

極細ペンでのスミ入れ

 

f:id:karahuto2:20240516194519j:image
f:id:karahuto2:20240516194516j:image

最後にスミ入れの説明です。

ガンプラには様々な箇所にモールドがあります。

こういった箇所にスミ入れを行うことでディティールが引き締まり、よりリアルな仕上がりになります。

 

f:id:karahuto2:20240516194223j:image

こちらも方法はシンプルで、モールドのある部分にペンをなぞるだけです。

塗膜は弱めなので、はみ出た箇所は手で擦って消しても大丈夫です。

スミ入れを初めて行う方は、一番手軽にできるペンタイプでのスミ入れがおすすめです。


f:id:karahuto2:20240516194229j:image
f:id:karahuto2:20240516194226j:image

f:id:karahuto2:20240519110907j:image
f:id:karahuto2:20240519110904j:image

スミ入れ前と後の比較です。

情報量が大きく増え、より引き締まった見た目となりました。

 

 

 

まとめ

 

以上、ガンプラ初心者でも簡単にクオリティを上げる方法の紹介でした。

この3つの方法はどれも手軽にでき、失敗した際もリカバリーがしやすいので非常におすすめです。

最初から塗装を始めると失敗しやすいので、しっかりと練習を重ねてから挑戦すると良いと思います。

 

HGCE ライジングフリーダムガンダム レビュー

f:id:karahuto2:20240512224954j:image

今回は、ガンダムSEED FREEDOMより キラ・ヤマトの搭乗機、ライジングフリーダムガンダムのレビューをしていきます。

 

2024年発売 2,640円

 

f:id:karahuto2:20240512224557j:image
f:id:karahuto2:20240512224548j:image
f:id:karahuto2:20240512224545j:image
f:id:karahuto2:20240512224537j:image
f:id:karahuto2:20240512224603j:image
f:id:karahuto2:20240512224534j:image

まずは本体。

イモータルジャスティスガンダム同様、フリーダムやストライクフリーダムの装備を継承したようなデザインとなっています。

翼部がボリュームがあり、自立させるのは少し脚部の工夫が必要です。

シールが多めですが、大部分はバックパックの色分けに必要なものです。

合わせ目もほとんどが段落ち処理されており、見栄えが良いです。


f:id:karahuto2:20240512224600j:image

バストアップです。

スリットなしの特徴的な頭部も、細かいパーツ分割でしっかり色分け再現されています。

 

f:id:karahuto2:20240513184628j:image

武器は、

・高エネルギービームライフル

・フラッシュエッジ G-3 シールドブーメラン

・ヴェルシーナ ビームサーベルx2

・インフィクタス ビームシールド

となっています。 

 

f:id:karahuto2:20240513230308j:image

また、本キットには左手の開き手パーツが付属しています。

手の甲のパーツを付け替えれば他のキットにも使えます。

 

f:id:karahuto2:20240513190659j:image

シールドブーメランはウイングを展開し、ここにビームエフェクトを取り付けます。

 

f:id:karahuto2:20240513191010j:image

ビームシールドには偏光樹脂が採用されており、角度によって光り方が変わります。

 

f:id:karahuto2:20240513201551j:image

ビームサーベルは連結します。


f:id:karahuto2:20240512224554j:image
f:id:karahuto2:20240512224531j:image
f:id:karahuto2:20240512224540j:image
f:id:karahuto2:20240512224551j:image
f:id:karahuto2:20240512224543j:image

フル装備状態です。

一つ一つの武器が大きく、かなりのボリュームとなります。

 

f:id:karahuto2:20240513190829j:image
f:id:karahuto2:20240513190837j:image
f:id:karahuto2:20240513190824j:image

脚部の横可動です。

畳んだ状態のレールガンが干渉するので45°程の可動となります。


f:id:karahuto2:20240513190827j:image
f:id:karahuto2:20240513190834j:image

股関節には可動軸があり、下に下げることで可動範囲を広げることができます。

構造的にはイモータルジャスティスガンダムと共通です。


f:id:karahuto2:20240513190818j:image

翼は肩以上に可動します。

 

f:id:karahuto2:20240513205919j:image

シュトゥルムスヴァーハーはハイマットフルバースト状態の際は折り曲げて展開します。

こちらも大部分は段落ち処理がされています。


f:id:karahuto2:20240513190832j:image

スラスター部分も90°ほど動かせます。


f:id:karahuto2:20240513190821j:image
f:id:karahuto2:20240513190816j:image

レールガンは伸縮できます。

 

f:id:karahuto2:20240513201635j:image
f:id:karahuto2:20240513201632j:image
f:id:karahuto2:20240513201629j:image
f:id:karahuto2:20240513201627j:image

続いてMA形態への変形です。

バックパックにある機首を頭部へ移動させ、翼を真横へ移動させるだけなので、変形は簡単です。ビームライフルはシールドの赤いパーツをスライドさせて装備させます。

翼が大きめなので、より航空機に近いデザインをしています。

以下、色々ポージングさせてみました。

 

f:id:karahuto2:20240512224634j:image

f:id:karahuto2:20240513190550j:image
f:id:karahuto2:20240513190553j:image
f:id:karahuto2:20240513190548j:image
f:id:karahuto2:20240513214502j:image
f:id:karahuto2:20240512224645j:image
f:id:karahuto2:20240512224647j:image
f:id:karahuto2:20240512224650j:image
f:id:karahuto2:20240512224642j:image
f:id:karahuto2:20240512224640j:image

f:id:karahuto2:20240514001848j:image

 

以上、ライジングフリーダムガンダムのレビューでした。

主役機らしく、非常にボリュームのあるキットでした。

武装が多いので様々なポージングを楽しむことができます。

関節もしっかりしていてポージングの際のストレスもほとんどありません。

全体的に満足度の高いとても力の入ったキットだと感じました。